お知らせ一覧

XREAから皆様へ

リニューアルにおけるサーバーシステムの増強と移行について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この度、XREAサーバーにおいて、システムの増強および、新仕様のサーバーへマイグレーション(移行)を行うこととなりました。新サーバーについては、全プランに最新システム、データ処理速度に優れたSSDを採用し、より高速化と安定稼働が可能となっております。

brand new XREA!
XREA大規模リニューアル開始

NEW

最新システムの提供

サイトの安全を守るため、最新のOS、システムに対応。常に安心してご利用いただくため、パフォーマンスの最適化、セキュリティの強化、新機能の追加を行ってまいります。

全サーバーに高速SSD標準搭載

最新CPUに、大容量のメモリー、SSDを複数台搭載することで、高ストレージ性能が求められるサービスやデータベースの安定稼働が可能。処理速度を重視されるお客様にもおすすめです。

VPS/クラウドよりも
ハイコストパフォーマンス

高性能サーバーを少人数で利用すること、および、独自の最適化により、同価格帯以上のVPS・クラウドサービスよりも豊富なリソースが柔軟に使え、同じ価格でもより大規模サイトが運用可能です。

API対応

APIに対応済みですので、ドメイン、データベース、WordPress、メールアドレスなどの作成・変更が自動化できます。複数のサーバーをお持ちであったり、ホスティングを第三者に提供されるお客様にもおすすめです。

and more...

マイグレーション予定日・対象サーバー

  • ※弊社で可能な範囲でデータやデータベースの移行を行わせていただきますが、完全な移行をお約束するものではございません。重要なデータやデータベースは事前にお客様にてバックアップをお願いいたします。
  • ※Perlのバージョンが5.26となります。CGIファイルなどで動かなくなるものもありますので、事前にご確認下さい。
  • ※WordPressなど、CMSは事前に最新パージョンにバージョンアップしておくことを強くおすすめします。また、XOOPSなど開発元で長くメンテナンスされていないCMSは動かなくなる可能性がございます。
  • ※SquirrelMail / RoundCubeなど、設定やアドレス帳などは移行されませんので、あらかじめお客様にてバックアップをお願いいたします。
日付 時間 対象サーバー 作業状況
2022/09/12(月) 0:00 ~ 09:00 s1~s170.xrea.com
g1~g5.xrea.com
作業完了
2022/09/20(火) 0:00 ~ 09:00 s171~s378.xrea.com 作業完了
2022/09/26(月) 0:00 ~ 09:00 s401~s1010.xrea.com
k1~k2.xrea.com
m1~m4.xrea.com
作業完了

表が見切れている場合、横スクロールできます

マイグレーション(移行)について

詳しくはFAQをご覧ください。

主な変更点(XREA Plus)

従 来 リニューアル後
IPアドレス 150.95.8.XX
150.95.9.XX
IPの対応表参照
ディスク容量 100GB 変更なし
ストレージ SSD(RAID 10) 変更なし
転送量 ~64GB/日 無制限
PHP
(デフォルト)

FAQへ
7.0 + FastCGI + OPcache + APCu
(5.3/5.4/5.5/5.6/7.1
FastCGI選択可)
7.4 + FastCGI + OPcache + APCu
(5.6/7.0/7.1/7.2/7.3/8.0/8.1
FastCGI選択可)
Perl 5.16系 5.26系
Ruby
(デフォルト)

FAQへ
2.3系
(1.8~2.4まで利用可)
2.6系
(2.4~2.7、3.0まで利用可)
MySQL
(デフォルト)

FAQへ
5.7 MariaDB 10.6
PostgreSQL
(デフォルト)

FAQへ
9.6 PostgreSQL 14
SQLite sqlite2/sqlite3 sqlite3のみ
SSL/TLS TLS1.0以上 TLS1.2以上
SSL/TLS用
メールサーバー名

FAQへ
サーバー名
例:s1.xrea.com
変更なし
Webサーバー Apache 2.4系 変更なし

表が見切れている場合、横スクロールできます

  • ※Value Domainのネームサーバー(ns*.value-domain.com)をご利用の場合は、自動的に変更されます。

FAQ

サーバー移行前

  • Q1. マイグレーション(移行)とはどのような作業でしょうか?

    最新の環境でご利用いただけるようお客さま領域のデータを新サーバーへ移行いたします。
    なお、移行作業は弊社にて行わせていただきます。

  • Q2. マイグレーション(移行)で、何が変わるのでしょうか?

    主な変更点につきましては上記「主な変更点」をご覧ください。

  • Q3. マイグレーション(移行)作業中は、ホームページの表示やFTP接続に影響は出ますか?

    移行メンテナンス中、ウェブページはメンテナンス表示(503 Sorry. We are under maintenance.)になり、データベース、FTPなどのサービスが停止されます。

  • Q4. マイグレーション(移行)作業中のメールの送受信はどうなりますか?

    移行作業中は、メールの送受信は出来ません。
    作業中に届くメールは、送信元のメールサーバーの設定によりますが、移行作業が終わるまで再送を繰り返す、もしくはエラーメールとなって送信元に返る可能性があります。

  • Q5. 現時点の設定内容(ドメインウェブ、ドメインメール、データベース、個人のウェブデータなど)はどうなるのでしょうか?

    今までのデータはそのまま引き継がれますが、サーバー管理画面に無いデータベース、ドメインメールなどの設定は、移行されませんので、ご注意下さい。
    あらかじめ、サーバー管理画面にて、使用しているMySQL、PostgreSQL、ドメインウェブ、ドメインメールの設定がなされているか、ご確認下さい。

  • Q6. メールデータは移行されますか?またIMAP方式の場合、メールフォルダ構成も移行されますか?

    メンテナンス前のメールデータは移行されます。また、IMAP方式のメールフォルダ構成も移行されます。

  • Q7. ウェブメール(SquirrelMail、RoundCube)の設定やアドレス帳は移行されますか?

    ウェブメール(SquirrelMail、RoundCube) の設定やアドレス帳などの設定に関するデータ移行はされません。
    あらかじめお客様にてバックアップをお願いいたします。

サーバー移行後

  • Q1. サイトにアクセスすると「Sorry. We are under maintenance.」とエラーメッセージが表示される

    エラーメッセージは他社DNSをご利用で、 新サーバーのIPアドレスに変更していない場合に表示されます。
    IPアドレス対応表より、ご利用サーバーのDNSのAレコード内容に変更をお願いいたします。

  • Q2. メールソフトの設定にて必要な作業はありますか?

    • メールソフトにてメールアカウント名をアカウントのみで設定されている場合

      以下のようにメールアカウント名をご変更ください。

      (例)example → example@s1.xrea.com
    • メールソフトのサーバーをIPアドレスで設定されている場合
      変更後のIPアドレス(IPの対応表参照)、もしくはサーバー名に設定内容をご変更ください。
    • メールソフトにてSSL設定をされている場合

      以下のようにサーバー名をご変更ください。

      (例)s1-xrea-com.value-domain.com → s1.xrea.com
    • SSL/TLSにて暗号化通信を利用されたい場合

      TLS1.2以上に対応したOSまたはメールソフトにてご利用ください。ご利用のOSまたはメールソフトが対応していない場合は、暗号化なし(SSL/TLS)でのご利用をお願いします。

  • Q3. PHP スクリプトが動かなくなりました。

    デフォルトのPHPが、FastCGI版PHP7.0から、FastCGI版PHP7.4に変更となっております。

    PHPのバージョン違いで動作しない場合は、FastCGI版PHP のバージョンは選択可能となっておりますので、FastCGI版PHP5.6で動作させることで改善する可能性があります。
    サーバー管理画面の「PHP設定」にて、動かないスクリプトのドメイン名の右にあるプルダウンメニューより、「PHP56」を設定して「PHP設定」ボタンを押します。
    10分ほどお待ちいただき、正常に動作するかどうかご確認下さい。

  • Q4. PHPで構築したページが文字化けしている。

    デフォルトのPHPが、FastCGI版PHP7.0から、FastCGI版PHP7.4に変更となっております。

    PHP設定項目「default_charset」のデフォルト値が、5.6以上は「UTF-8」に変更されているため、文字コードShift_JISやEUC-JPで記述したPHPスクリプトで文字化けが発生します。
    対応方法として、下記の3パターンのいずれか一つを選んでご対応下さい。

    • 1.PHP7.0のままで、文字化けを解消します。
      /public_html/.fast-cgi-bin/php70.ini
      に、下記一行を追記する。
      default_charset = ""
    • 2.PHPスクリプト内で、下記一行を追記します。
      ini_set('default_charset', '');
    • 3.PHP5.6に戻します。
      サーバー管理画面の「PHP設定」にて、該当するドメイン名のPHPバージョンを、「PHP56」にし、「PHP設定」ボタンを押します。
  • Q5. データベースを使用していますが、移行後アクセスできなくなりました。

    MySQL / PostgreSQLのバージョンが、それぞれアップいたしております。

    ・MySQL 5.7 → MariaDB 10.6
    ・PostgreSQL 9.6 → 14

    その影響を受けている可能性がございますので、お使いのシステムが新しいバージョンに対応しているかどうか、システムの要件をご確認下さい。
    要件を満たしていて、尚動作しない場合は、使用DB名やどのような状況かなど詳細をお書き添えの上、トピックよりお問合せください。

  • Q6. CGIで利用するrubyのバージョンを変更したい。

    下記のバージョンの「ruby」が利用可能です。

    /usr/local/bin/ruby2.4
    /usr/local/bin/ruby2.5
    /usr/local/bin/ruby2.6
    /usr/local/bin/ruby2.7
    /usr/local/bin/ruby3.0

    例えば、「ruby2.4」を利用したい場合は、各CGIファイルの一行目を、

    #!/usr/local/bin/ruby

    #!/usr/local/bin/ruby2.4

    と変更します。

  • Q7. CGI実行時にInternal Server Error(status 500)になる

    CGIを実行するPerlバージョンが「5.16」から「5.26」に変更となっております。
    CGIファイルの記述内容がPerl5.26にそっていない場合、 「Internal Server Error(status 500)」となります。 Perl5.26に合わせた内容に調整または、 CGIファイルの提供元にご確認をお願いいたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加