マニュアル

困ったことがあればまずこちらから

VALUE-DOMAINで取得したSSLの設定方法

SNI (Server Name Indication) 対応で、XREAで独自ドメインのSSLサイト運営が可能に

「SNI」は、サーバーがIPアドレスではなく、ドメイン毎によって異なる証明書を使い分けることができるTLSの拡張仕様です。設定もXREAの管理画面上で簡単な操作できます。
また、ドメイン設定数の範囲で、何個でもSSLサイトを立ち上げることができます。

VALUE-DOMAINで新規登録したドメインは、先にDNS設定を行ってください。
ただし、サーバーの引越しをされる場合は、DNS設定はドメイン設定の後に行うことをおすすめします。

  • 1. VALUE-DOMAINにログイン

    VALUE-DOMAINに「ログイン」した後、ユーザーコントロールパネル左ナビの「サーバー > XREA」をクリックします。

  • 2. 「ウェブ」をクリック

    設定するアカウントの「サーバー設定:ウェブ | メール」の「ウェブ」をクリックします。

  • 3. ドメイン情報を入力

    ①XREAコントロールパネルの左ナビの「ドメインウェブ」をクリックします。

    ②Main:「blank」と入力
    ③SSL用ドメインのSub:独自ドメインを入力(例:xrea.com)
    ※複数のサイトを運営する場合は、Mainをblankとし、Subにドメインを入力すると管理しやすくなります。

    ④強制:ドメイン登録・ドメイン移管して間もない場合は、チェックを入れます。
    ⑤NoDir:チェックを入れません。チェックを入れると、Mainでの運用と同じになり「public_html」のファイルを共有します。

    入力後、下部にある「ドメイン設定」を押します。

  • 4. ドメインを選択して「証明書設定」をクリック

    左ナビの「SSL」をクリックします。

    ①プルダウンより、SSL対応させるドメインを選択して、
    ②「証明書設定」をクリックします。

  • 5. CERT・証明書をインストール

    インストールに必要な情報の①〜④を入力し、⑤「CERT・証明書インストール」ボタンを押してください。

    ①プライベートキー(SSLCertificateKeyFile )
    (※パスフレーズなしの場合は、プライベートキー [パスフレーズなし] の項目の方に入力してください。)

    ②プライベートキーのパスフレーズ
    ③SSL証明書(SSLCertificateFile )
    ④SSL中間証明書(SSLCACertificateFile)

  • 6. 「戻る」をクリック

    「戻るにはここをクリックしてください。」をクリックします。

  • 7. 「ドメイン設定」をクリック

    再度、3のドメインウェブの画面を開き、下部の「ドメイン設定」をクリックします。

  • 8. 設定完了

    「https」で接続して、セキュリティの警告が表示されなければ成功です(SSL接続の場合、鍵マークが表示されます)。

    ※SSL設定の反映まで1時間程度かかります。