ネットでショップを開設する
セキュリティ
強化

ネットを楽しむ
プロバイダー
電子書籍
ネットで買物する
ネットで投資する
ネットでゲームする
スマホで遊ぶ
パソコンで遊ぶ

すべてのGMOインターネットグループサービス一覧

仕様詳細

サーバーについて

サーバーについて

標準サーバーの仕様は以下の通りです。
OS Linux
ウェブサーバー Apache
CPU Intel系

アクセス先

アクセス先

■通常ページ
http://ID.サーバー名.xrea.com/

■SSL対応ページ
https://ss1.xrea.com/ID.サーバー名.xrea.com/

※各管理画面のSSLページで利用されているSSLサーバーを参考にしてください。

携帯端末向けサイトについて

携帯端末向けサイトについて

特定のディレクトリの中に入れることで対応できます。

■i-mode向け
どの場所でも、自動的に対応します。

■J-sky向け
どの場所でも、自動的に対応します。

■WAP(HDML)向け
拡張子を「.hdml」にしてアップロードしてください。
例:www.s1.xrea.com/sample.hdml

※以下の「掲載広告」が適用されます。

ファイル形式によって広告の有無を決められます。

■広告が自動挿入されるファイル形式

ファイル名を指定しない 例:http://sample.s1.xrea.com/
HTMLファイル:.html .htm 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.html
CGIファイル:.cgi 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.cgi
SSIファイル:.shtml 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.shtml

■広告が自動挿入されない形式

HTMLファイル:.xhtm 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.xhtm
CGIファイル:.xcg 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.xcg
SSIファイル:.shtm 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.shtm
ディレクトリ「x」にある
ファイル全部
例:http://sample.s1.xrea.com/x/
ファイルの好きな位置に
<!--nobanner-->
例:<!--nobanner-->
  <html>
  <head>
  ・・・

※自動挿入されない形式を選択する場合は、必ず、広告コードを自分で挿入する必要があります。できない場合は、自動挿入にして下さい。

※広告位置を変更する場合、1280x1024ピクセルの画面で見て、スクロールする必要がない位置に表示するものとし、スクロールが必要な表示は一切不可とします。

注1) フレームを使うときは、適宜対応してください。

注2) CGIなどが適切に動かない場合、適宜対応してください。

広告を貼り付けたくない場合はXREA+ プラスサービスをご検討下さい。

アップロード・ダウンロード

アップロード・ダウンロード

容量は1Gバイトです(s600以前は50MB)。超過した時点で、アップロード、CGIでのデータの書き込みができなくなります。もう一つアカウントを取ったり、不要なデータを削除したりして、各自対応してください。

■アップロードサーバー:ID.サーバー名.xrea.com
例:www.s1.xrea.com

■パスワード:メールで送られてきたもの
FFFTP(Windows)NextFTP(Windows)Fetch(Mac)がおすすめです。

■アップロードするディレクトリ
public_html

CGI/SSI

CGI/SSI

使用可能な言語は、Perl(Version5.6 / 5.8)、Ruby、Python、C/C++、PHP3/4(日本語化パッチ済み)。
(C、C++はあらかじめコンパイルしてアップロードしてください。)

■実行パス

絶対パス /virtual/ID/
perl /usr/bin/perl、/usr/local/bin/perl
php3 /usr/local/bin/php3
php4 /usr/local/bin/php 、/usr/local/bin/php4
php5 /usr/local/bin/php 、/usr/local/bin/php5
php5.3 /usr/local/bin/php53
php5.4 /usr/local/bin/php54
php5.5 /usr/local/bin/php55
ruby /usr/local/bin/ruby
python /usr/local/bin/python
sendmail /usr/sbin/sendmail
nkf /usr/local/bin/nkf
sh /bin/sh
csh /bin/csh
uuencode /usr/bin/uuencode
uudecode /usr/bin/uudecode

※追加事項

PHP5.2(s500以前) 標準ではモジュール版PHP(セーフモードあり)で動きます。
必要に応じて.htaccessにPHPの設定値を入れてください。
CGI 版 PHP5.5 .htaccess
AddHandler application/x-httpd-php55cgi .php
を追加してください。
必要に応じてphp.iniにPHPの設定値を入れてください。
CGI 版 PHP5.4 .htaccess
AddHandler application/x-httpd-php54cgi .php
を追加してください。
必要に応じてphp.iniにPHPの設定値を入れてください。
CGI 版 PHP5.3 .htaccess
AddHandler application/x-httpd-php53cgi .php
を追加してください。
必要に応じてphp.iniにPHPの設定値を入れてください。
CGI 版 PHP5.2 .htaccess
AddHandler application/x-httpd-php52cgi .php
を追加してください。
必要に応じてphp.iniにPHPの設定値を入れてください。

■推奨パーミッション

実行ファイル 0700(rwx------) 以上
データファイル 0600(rw-------) 以上
CGI格納ディレクトリ 0705(rwx---r-x) 以上
データ格納ディレクトリ 0700(rwx------) 以上
実行拡張子 [.cgi][.xcg(広告なし)]

※追加事項

パスワード・データファイル・CGIは必ず正しいパーミッションで設置してください。他人に見られる場合があります。

■負荷対応

  • 実行時間が30秒を越えるタスク(通常は1秒以内)、CPU使用率が15%を越えるタスク(通常は0.5%以内)は、強制終了されます。(データの書きこみをしている場合は、破壊される可能性があります。掲示板の場合は表示件数を減らす、データサイズを少なくする、などで対応してください)
  • コンパイル作業はご自分のLinux環境で行ってからバイナリアップロードしてください。
  • NAMAZUでのインデックス化で3分を越えるものは強制終了されます。
データベース

データベース

MySQL、PostgreSQLが使用可能です。(Perl、Ruby、PHPのデータベース操作ライブラリはインストール済み、オプションは基本設定。)

■ユーザ名・パスワード:FTPと同じ
■データベース名:IDと同じ。
■データベースサイズ:目安はディスク容量まで。

SSL

SSL

インターネットに流れるデータを暗号化できます。

■アップロード先:public_htmlディレクトリ内
■アクセスURL
https://ss1.xrea.com/ID.サーバー名.xrea.com/
https://ss1.xrea.com/独自ドメイン/

転送メールアカウント

転送メールアカウント

好きなID@サーバー名.xrea.comで、今あるメールアドレスに転送します。

POPメールアカウント
■ユーザ名:ID@サーバー名.xrea.com
■パスワード:FTPと同じ
■POPサーバー名:サーバー名.xrea.com

商用・再販利用

商用・再販利用

可能です。再販の場合はご連絡下さい。ただし、貸し出し相手に当規約を遵守していただくことが難しいため、不特定多数への貸与は認めておりません。

広告について

広告について

当サイトは、無料運営のため、広告コードを自分で挿入する、または、自動的に挿入して頂く必要があります。

掲載広告について

ファイル形式によって広告の有無を決められます。

■広告が自動挿入されるファイル形式

ファイル名を指定しない 例:http://sample.s1.xrea.com/
HTMLファイル:.html .htm 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.html
CGIファイル:.cgi 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.cgi
SSIファイル:.shtml 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.shtml

■広告が自動挿入されない形式

HTMLファイル:.xhtm 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.xhtm
CGIファイル:.xcg 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.xcg
SSIファイル:.shtm 例:http://sample.s1.xrea.com/sample.shtm
ディレクトリ「x」にある
ファイル全部
例:http://sample.s1.xrea.com/x/
ファイルの好きな位置に
<!--nobanner-->
例:<!--nobanner-->
  <html>
  <head>
  ・・・

※自動挿入されない形式を選択する場合は、必ず、広告コードを自分で挿入する必要があります。できない場合は、自動挿入にして下さい。

※広告位置を変更する場合、1280x1024ピクセルの画面で見て、スクロールする必要がない位置に表示するものとし、スクロールが必要な表示は一切不可とします。

注1) フレームを使うときは、適宜対応してください。

注2) CGIなどが適切に動かない場合、適宜対応してください。

広告を貼り付けたくない場合はXREA+ プラスサービスをご検討下さい。